次回実行委員会兼、学習会のお知らせです。

「障害者差別解消法」が施行され、障がいのある子どもの日常の活動への合理的配慮が求められています。とはいえ、それ自体を知らない方が多い現状のなかで、「障害者解消法」と「合理的配慮」について触れ、こどもたちが感じている生きにくさを知り、生きにくさの軽減について、「障がいのあるこどもの権利」について、一緒に考えたいと思います。

テーマ:発達障がいの「生きにくさ」を考える  ~疑似体験を通じて~

日時:11月3日(金・祝)

場所:ゆいわーく茅野 集会室(茅野市塚原2-5-45)

参加費:無料

講師:茅野進先生

 

講師紹介長野県発達障がいサポート・マネージャー(諏訪圏域担当)として、園・小・中・高校の巡回相談や研修講座の企画・実施。また、発達障がいを中心とする障害理解啓発活動などを通じ、発達障がいのある人や家族の支援のために、他分野にわたる支援者の”間”に入り、支援のネットワークづくりをすすめるとともに、発達障がいを中心とする障害理解啓発活動など精力的に活動されています。また、諏訪地区特別支援教育コーディネーター等連絡会・顧問も兼任されています。

PDFのチラシデータはこちらをクリック

多くの参加お待ちしております。